考えている女性
  • ホーム
  • クラミジア検査とニューキノロン系と特発性の病気

クラミジア検査とニューキノロン系と特発性の病気

ニューキノロン系の抗菌剤はクラミジアなどに投与される薬ですが、他の抗生物質との違いは、細菌をベースにして作られたものではないという点です。
この薬はクラミジアなどの諸症状を改善させる効果がありますが、塗り薬などと併用すると副作用がでる恐れがあります。
クラミジア検査は体内に抗体があるのかを確認して、ある場合には抗生物質を投与して細菌を死滅させます。
細菌は死滅させられることで、ごくまれに新しいタイプの細菌を作り出すことが知られていて、通常使用されている抗生物質が効きにくい耐性菌が生まれることがあります。
耐性菌の場合は従来のクラミジアの治療では効果がないので、他の抗生剤を投与して細菌を死滅させるようにします。

梅毒に関しても同様で、耐性菌が広まることで、患者数が爆発的に増加しているので、重篤な症状はありませんが、感染者の数はかなり多いとされています。
特発性というのは原因不明の病気であるという意味を持っていて、多くのものは国によって、難病にしていされています。
特に多いのが先天性の病気ですが、これは特定のタンパク質や遺伝子が原因となっていることが多いので、治療法は現在でも確立されていませんが、将来的には遺伝子に関する病気のほとんどが治療可能になると予想されています。

世界的に問題となっているのが、結核による多剤耐性菌の発生で、中国やインドなどの、家畜に抗生剤を食べさせている地域で多く発生しています。
抗生剤は人間でも動物でも作用は同じなので、より強い細菌を作り出すリスクがあります。
とくに家畜は人間と比べると寿命が短いので、細菌感染のサイクルが非常に早いので、多剤耐性菌の温床となる危険性があるとされています。

サイト内検索
人気記事一覧