考えている女性
  • ホーム
  • クラミジア検査はパートナーと一緒にする

クラミジア検査はパートナーと一緒にする

悩む女性

クラミジアは性感染症の中でポピュラーな病気と言われ、日本では感染者が最も多いものとして知られています。
特に若い世代において発症確率が高く、世界でも上位に位置する感染症です。
感染経路は唾液や精液、膣分泌液を介して行われ、高い感染率を持ち、性器だけでなく口腔内にまで感染することがあります。
男女ともに感染しても初期では自覚症状がないので、気づかないままパートナーにうつしてしまうことが多いのが特徴です。
治療はそれほど難しくなく、完治すれば再発することがない病気ですが、感染力の高さから、パートナーの片方だけを治療しても、お互いに再び感染させ合うことになる厄介な病気です。
そのため、病院では片方だけが感染しているとは考えず、たとえば女性だけがクラミジア検査を受けにきた場合、パートナーの有無を確認して次回に2人で来るか、男性の検査を勧めるようになっています。

病院でクラミジア検査をするのであれば、医師の方から説明を受けることがあるのですぐに分かるでしょう。
最近では自宅で検査キットを使用して確認する方法があり、これを利用すると自分の症状は分かるのですが、パートナーが感染しているかどうかは確認できません。
感染した相手がはっきりと分かっていて、パートナーとの間に性交渉やキスといった行為がなければ問題はありませんが、自覚症状が出るまでの間に何を行っていたかまで覚えている人はいないでしょう。
パートナー以外との性交渉は皆無、感染ルートが不明といった場合、断定はできなくても相手からうつされた可能性が非常に高いので、クラミジア検査をする際はパートナーと一緒に行うことが推奨されます。
病院で検査をして陽性と診断されれば、治療薬を処方してもらえますが、自宅での検査では個別に治療薬を購入する必要があります。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ