考えている女性
  • ホーム
  • クラミジア検査陽性の場合のクラビット服用と発疹

クラミジア検査陽性の場合のクラビット服用と発疹

クラミジア感染症というのは、クラミジア属の病原菌が人体に感染をすることによって起きるもので、基本的には他者との性行為がそのひきがねになることが多いといえます。

このクラミジア感染症にかかった場合ですが、男性であれば、排尿の際に軽い痛みや不快感があったり、女性の場合であれば、おりものの量の増加や不正出血、下腹部痛などといった症状がまずあらわれます。
がまんできないほどの症状ではないため、そのまま放置してしまうこともあるはずですが、放置することによって、病原菌は体内のさらに深い部分にまで繁殖が広がることになります。
たとえば子宮頚管炎や卵管炎などといった、不妊のおそれさえある重大な病気に発展してしまうことがありますので、はやめの治療が重要となってきます。

こうした場合のクラミジア検査ですが、方法としては、血液や尿を採取するという、ふつうに健康診断などでもおなじみの方法のほか、おりものや尿道からの分泌物を採取するという方法もあります。
こうしたクラミジア検査で抗原抗体反応の陽性がみられた場合、クラミジアにすでに感染しているという可能性が出てきます。

クラミジア感染症の治療に際しては、クラビットのような抗菌剤を投与して、体内の細菌を殺菌することが有効となります。
クラビットは副作用のおそれは少ないといわれていますが、絶対ということはありませんので、服用後に異常がみられた場合には、ただちに医師や薬剤師に相談をすべきといえます。
たとえば、クラビットの服用によって、発疹や下痢が生じたり、あるいは日光にあたったときに皮膚が過度に赤くなり、水ぶくれができるなどといった症状があったときには、それは副作用である可能性が高いといえます。