考えている女性
  • ホーム
  • 知恵袋でクラミジアの相談、クラミジア検査の重要性

知恵袋でクラミジアの相談、クラミジア検査の重要性

落ち込んでいる女性

クラミジアは20~30代の男女がよくかかる性病の1つで、もっともよく見られる性病です。
クラミジアはクラミジアトラコマチスという細菌が、以前は目にすみついていたのですが、最近では毎日お風呂に入るようになったことから体が清潔に保たれるようになったことからめったに見られません。
しかしクラミジアはオーラルセックスによって罹患するとされており、ディープキス、フェラチオ、アナルセックスなどを興味本位に行うと病気にになるリスクを知っておかなければなりません。
知恵袋などにもクラミジアの病気についてはよく質問されており、いかに感染している人が多く、様々な症状に悩まされていることが分かります。
女性ならおりものに変な匂いがしたり、色がいつもと違っていたり、不正出血したりする人もいます。
特に性器の病気については婦人科やクリニックにも恥ずかしくて相談に行きづらかったりするため、ついつい治療が遅れることもよくあります。

クラミジアに感染しても1か月ぐらいは潜伏期間があるため、なかなか自覚症状がありません。
なのでその間に不特定多数の男女が性行為をし続ければクラミジア感染の確率はかなり上がってしまいます。
もし自分が過激な性行為をしていて、知恵袋に相談されているような症例、自覚症状があればクラミジア検査を受けておくと安心できます。

病院へ行きづらかったら、ネットでも検査キットが取り寄せることができ5000円ぐらいで購入することができます。
男性なら尿検査、女性ならおりものの検査をすれば感染しているかどうか分かります。
もし感染していることが分かったら、早めに病院を受診し、適切な治療を受けておかねばなりません。
2次感染を防止できるうえ、重篤な症状が出る前に治療できるからです。